ビジネスで勝てる知的財産 / 知財経営のパートナー

スタートアップ・ベンチャー企業の方へ

  • HOME »
  • スタートアップ・ベンチャー企業の方へ

スタートアップ・ベンチャー企業にチェックしてもらいたい3つのポイント

ベンチャー企業では、まず事業の拡大・成長が喫緊の課題であるため、知的財産という点にまで注意を払うことは困難です。

しかし、新しい発想や新しい技術を元に立ち上げたばかりのベンチャー・スタートアップ企業だからこそ、自社のアイデアを知的財産権によって保護することが必要となります。

まずは下記の点について検討してください。
その上で、必要性は分かったけど手が回らないという方は、ぜひ私たちに任せてください。
私たちは、ベンチャー・スタートアップ企業のフルサポートパートナーでありたいと考えています。

 

①サービス名の商標は取っていますか?


新しいサービスのリリースに当たって、そのネーミングは非常に重要です。
しかしサービスのネーミングには、「商標権」の問題があります。

せっかくサービスが人気になり、認知度が上がってきたところで、他社の商標権を侵害していたということでネーミング変更が求められてしまうと、事業にとって大きなダメージです。

まずはネーミングを確定する前にご相談ください。商標調査を行い、安全なネーミングを一緒に検討いたします。

また、ネーミングが決まったら、ぜひ商標登録出願をしましょう。これにより、サービスが人気になった後に、名前を真似されるのを防ぐことができます。

商標・ネーミング相談

 

②コア技術・ビジネスモデルの特許は取っていますか?


ベンチャー企業の皆様は、これまでに無い新しい技術、新しい発想・着眼点、新しいビジネスモデルによって事業を立ち上げられていると思います。

しかし、これらの新しいアイデアは、サービスをリリースした瞬間に広く知られてしまい、他社に真似されるリスクがあります。
新しいアイデアを武器に事業を立ち上げたベンチャー企業は、そのアイデアを大企業に真似されてしまえば、体力的に勝負することが困難です。

これらの新しいアイデアは、特許権を取得することで、他社の模倣から防ぐことができます。

また、特許権を持つことで、自社の技術力を対外的にアピールでき、銀行からの融資も有利になり、M&AによるEXITをする際にも大きな武器となります。
「自社のサービスは既存技術の組み合わせであって、特許を取れるようなところは無いよ。」
こう考えてしまっている方、そういう所から、キラリと光るアイデアを発掘して権利を取得するのが、私たち知財専門家の仕事です。

ぜひ、一度お問い合わせください。

特許・発明相談

 

③他社特許権の調査はできていますか?著作権等の法務リスクは把握できていますか?


せっかくサービスが軌道に乗っても、それが他社の特許権を侵害していれば、すぐにサービスを止めなければならない事態に陥るリスクがあります。
またサービスを続ける中で、他社の著作権や商標権などで法務リスクが生じることがあります。

中小規模の企業の中で、これらの専門人材を揃えることは困難です。このような面倒ごとは、専門家である私たちに任せてください。

企業規模に応じた、顧問契約を用意しております。

日ごろの知財法務相談や、上記のような発明発掘・出願業務も含めて、会社に必要な知財機能を弊所が全般的にサポートいたします。

知財・著作権よろず相談

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6427-6713 info@ataka-ipf.jp




IPFbiz - 知財情報ブログ
PAGETOP

Copyright © 安高特許会計事務所 All Rights Reserved.